おでん

 

おでんの季節到来☆

 

おでん

 

娘も大好きなので、2日&わたしのランチ分たっぷりつくります。

我が家はおでんには柚子胡椒。実家の柚で毎年ばぁばのお手製!

 

 

おでん

 

ホイアンハノイ旅行でお世話になったTさんが、出張で来日。

なにか買って来て欲しいものありますか?と言うお言葉に甘えて

いろいろとお願いしたうちのひとつ、波形のナイフ。

本来は野菜を切るものだと思うけれど、試しにはんぺんを切って

みたら、とてもいい感じ!いろいろ使えそうなナイフです◎

 

他にもいろいろお願いしていたのだけど、ShopからLINEの

ビデオ通話をしてくれて、バーチャル・ハノイ・ショピング!

どれもこれも可愛くて、これも、それも!と爆買い。笑

今回も大変お世話になりました!感謝多謝☆

 

またベトナム行きたいなぁー。と、

おでんを食べながら思う今日この頃です。

 

- -

 

 

 


子連れキャンプ☆振り返り/後半

 

写真の整理をかね、子連れキャンプの振り返り、後半。

 

 

子連れキャンプ

 

反省会前半では、怒ったり気を付けたりのことばかりでしたが、

普通の旅行やアミューズメントパークや公園に連れていくよりも、

大変なことが多いかもですが、それでも、やっぱり四季折々、

大自然のなかで体験することの魅力が勝る!と感じるキャンプ。

 

 

子連れキャンプ

 

当初は、退屈させないため、うろちょろさせないために、と

簡単なお手伝いをお願いしてたのだけど、いつの間にか自ら進んで

自分が出来きることを探してやってくれるようになってきた!

まだまだ即戦力にはほど遠いけど。(邪魔だったり時間かかったり

ありがた迷惑なことも多々だけど、未来への投資!と任せるように)

日常生活でも、キャンプのお陰だなぁと思う成長っぷりがたくさん。

 

 

子連れキャンプ

 

どんなに暑くても、寒くても、TVが見れなくても文句ひとつ言わず

むしろ「キャンプ場だから仕方ないねー」と、不便さを楽しんで、

家、都会での快適さの有り難みもひとしお。

子連れなので(面倒臭いので。笑)手の込んだ料理は一切しないけど

「外で食べるとなんでも美味しい」と喜んでくれたり。

 

 

子連れキャンプ

 

“家族みんなで楽しめる趣味を”と、手探りではじめた子連れキャンプ、

はじめてよかったなぁ。これからも楽しんでいきたいです☆

 

 

- -

JUGEMテーマ:ファミリーキャンプ


子連れキャンプ☆振り返り/前半

 

写真の整理をかね、子連れキャンプの振り返り、前半。

 

 

子連れキャンプ

 

我が家がキャンプをはじめた年は、まだ娘おむつ時代(トイトレ中)

この頃は、キャンプ場もとより家の中や公園でも目が離せない年頃。

なので、ひとりでも設営・撤収できるテントとタープのスタイルで、

設営・撤収は相方さん、ごはん準備はわたし、と完全に分担作業で

どんな時もどちらかひとりは必ず娘につきっきりの「娘担当」に。

 

今年は、もう小学生だし“つきっきり”ではなくても大丈夫、と

少し油断しているところもありました。初心忘れるべからず!

 

 

子連れキャンプ

 

娘も大きくなってきて、ティピーテントでは手狭になってきたし、

言えば分かる年頃になってきたので(ひとりでテントから離れない約束)

ツールームのテントに買替え。タープのような開放感には欠けるけど

広々お座敷スタイルでテント内でも遊べるし、急な雨や不意の強風、

寒さにも強く、ファミリーキャンプに◎だと思います。

 

ただ大きいので雨撤収のときは大変そう(帰宅後、気軽に干せない)

そんな訳で、雨予報の時も躊躇しないで行けるテントも欲しいなぁ。

 

 

子連れキャンプ

 

我が家がキャンプ場選びで気を付けていることがひとつ。

どんなにちょろちょろの小川でも水溜りのような池でも、

サイトからひとりで歩いていける距離に水場がないこと。

 

夏は気持ちいいし、やっぱり水遊びは楽しいので、

どんなに口をすっぱくして言ってても誘惑に負けてしまうことが

あると思うので(どんなに目を離さないように気を付けていても

ほんのした隙にってことはあると思うので)まずは危険回避!

 

 

子連れキャンプ

 

子どもの安全=目を離さないに限るんだけど、

四六時中、見張ってる訳にもいかず。そんななか我が家のキャンプの

ほぼレギュラーメンバー、Mちゃん&Kちゃんの存在は偉大☆

大人の目がある安心はさることながら、娘も大好きな二人が一緒だと

始終ご機嫌さん。Mちゃん&Kちゃん、いつもありがとう!

 

 

 

子連れキャンプ☆振り返り/後半へ続く!

 

- -

JUGEMテーマ:ファミリーキャンプ


子連れキャンプ☆反省会

 

前回のキャンプ、やたらと娘に注意することが多くって。

怒るのも疲れるので、よっぽどじゃない限り黙っておこう、と

思ったものの、大人げなく顔や態度にでてしまい(反省)

しまいには「おかあさんRのこと嫌いになっちゃったの?」と。

これはいかん!と帰宅後、娘とキャンプの反省会を開きました。

 

 

子連れキャンプ

 

まず、どんなことで怒られた?

「坂道でスキップ(砂利で鋪装された結構な下り坂)」

「寒いから、水を使うとき袖捲りしなかったこと」

「焚き火の前を横切ったり、急にしゃがんだりしたこと」

「トイレの帰りに寄り道したこと」

ほぼこの4つの無限ループ。

 

書き出してみると、たいしたことではないし、

公園や家だったら、心穏やかに見守れることなんだけど。

(キャンプ場でよく怒ってるお母さんを見かけますが、

端から見ればそんなことで目くじらたてなくてもー!

と思うことなんだけど、やっぱりうちも一緒です。笑)

 

じゃあ、どうしてダメなんだろう?

「転んで怪我するから」

お洗濯が大変だから(それもあるけど。笑)風邪引くから」

「火傷したり火事になっちゃうから」

「誘拐されちゃうかもしれないから」

 

常日頃、叱る時は、どうしてダメなのか理由を説明するように

心がけているので、そこはちゃんと理解しているようでした。

 

 

子連れキャンプ

 

キャンプ場は家や公園と違って、気をつけないと危ない場所が

たくさんあって、怪我したり熱をだしても、すぐ近くに薬局や

病院はないし、救急車だってなかなか来れない場所。

行方不明や溺死など悲しすぎる事故、事件のニュースもある。

 

そんなこんなをひとつづつ一緒に丁寧に再確認をして

「おかあさんが叱るのは、Rのこと嫌いだからじゃなくて、

楽しいキャンプで痛かったり寒かったりしたら可哀想だし、

いなくなっちゃったら悲しいどころじゃ済まないから、

Rのこと大好きだから、叱るんだよ」と改めて伝えた反省会でした。

 

 

子連れキャンプ

 

来シーズンも怪我などなく、楽しくキャンプができますように☆

 

- -


キャンプ☆シーズン4

 

キャンプのキロク。

 

キャンプ

 

キャンプ

 

キャンプ

 

キャンプ

 

昨シーズンは、マンションリノベ&引越しで一度も行けなかったので、

今シーズンは、たくさん行くぞー!と意気込んで計画していたものの、

小学校関連・・土曜の登校日、学校行事やPTA集会、と行ける週末が

限られていたうえに、雨予報や台風と重なり、結局4回のみ。

来シーズンこそ!!

 

 

キャンプ☆シーズン1

キャンプ☆シーズン2

キャンプ☆シーズン3

 

 

 


最近のお仕事 04

 

もはや“最近のお仕事”とは言い難いけれど、作業実績のキロク04。

 

 

外来ネコ問題

 

外来ネコ問題研究会主催の連続公開シンポジウム(全2回)のA2ポスター

およびA4チラシのデザイン制作を担当させていただきました。

 

納期とご予算に限りがあったので、同一デザインでコピーのみ差し替えの

展開でしたが、第1回と第2回、連続性・統一性を保ちながらも、印象は

替えたいな、と、キーカラー(ベースカラー)を意識してデザインしました。

 

 

外来ネコ問題

 

と言いつつも、

初回ラフの段階ではぜんぜんキーカラーを意識していなかった。笑

 

初回はコンセプトを十分に理解できていなかったので「ネコ」ばかりに

クローズアップしてしまっていたのですが、

自然生態系(放し飼いのネコによる在来種(希少種)への影響(捕食))・

人獣共通感染症・人間による管理、室内飼養の必要性・・・

コンセプトは「野放しのペット動物(ノネコ)が引き起こす様々な問題」。

「問題」を表現するのって、すごくデリケート。

様々な側面、見解があるなか、どちらか(ネコor人間)を悪者に先導して

しまうような表現はNGだし、抽象的すぎても具象的すぎても・・。

 

 

外来ネコ問題

 

クライアントさんとイメージの擦り合せをしていくなかで、

在来種(希少種)を狙うネコ・感染症・人間のイラストを・・・との

リクエストをいただき、様々な事柄が絡み合って(重なり合って)

発生している問題、目にした人が、その人なりに色々な解釈ができるよう

イメージをつくり、またビジュアルとコピーがセットになってすんなり

頭に入ってくるよう「自然生態系 人獣共通感染症 ・・・そして人間」

の原稿も再考していただきました。

 

ちなみに、ベースカラーは自然の風景、茶色は大地、緑色は山(森)、

第1回(7月)の青色は初夏の青空、第2回(9月)のオレンジは初秋の

夕焼けをイメージして配色しました。

(よく、どうやって色とか決めるの?と聞かれることがあるのですが、

どんなデザインでもこんな風に無意識ではあるけれど、適当ではなく、

それなりに意図を持って色選びをしている、はず。たぶん。笑)

 

 

外来ネコ問題

 

今回、データ渡しだったのですが・・・刷上がりをいただいて「!」

一番上のA2ポスター、第一回の方の色が違う?!裁ち落としのはずなのに?!

うっかりミス?!と納品データを確認したところ問題はなく・・・

おそらく確認・WEB掲載用に同時にお渡ししたPDFで入稿されてしまったのかと。

 

データお渡しの際にも、間違いがないよう説明文を添えて、もちろんフォルダも

それぞれわけているのだけど、慣れていない方には分かり辛いことなのかも。。

今後、もう少し対処を考えねば!な出来事でした。

 

だれでも簡単にネット印刷ができ、またPDF入稿も可能(むしろ推奨?!)

な昨今、仕方がないのかなぁ、残念無念。

版下サイズが違うし(PDFはA4の縮小)、トンボもないのに、

印刷会社さんは気が付かないものなのでしょうか。

 

ちなみに私自身はPDF入稿したことがないのですが(イマイチ信用できず。苦笑)

A4のデータをA2に印刷したにも関わらず(幸い画像やグラデーションなども

なかったからか)刷上がりはキレイでした。色はぜんぜん違っていたけれど。

今後、PDF入稿が主流になっていくのかなー。ちと勉強せねば!な案件です。

 

 

- - 

CL 外来ネコ問題研究会

 

 


最近のお仕事 03

 

もはや“最近のお仕事”とは言い難いけれど、作業実績のキロク03。

 

 

siglo

 

前回の記事(最近のお仕事02)でご紹介した(株)足柄製作所さん〈siglo〉の

BtoC向け「カメラ・レンズ保管剤」と「フィルム劣化対策剤」の

製品パッケージデザイン制作を担当させていただきました。

 

 

siglo

 

今回はBtoC向け。店頭に並んだ時、同一棚に陳列されるであろう

他社製品とのバランス・・差別化の図り具合や、また2商品同時発売で

さらに今後も商品化の予定があるので、シリーズ展開なども考慮しつつ、

いかにして一般消費者の目にとまる「顔」にするか、社長さんと共に慎重に

製品名からキャッチコピー、サブコピーの言葉を選び、作り上げていきました。

 

コンセプト(どんな製品なのか)は、製品名でストレートに表現して、

サブコピーで補足情報(機能説明)、一番悩んだキャッチコピーには

ストーリー(会社や商品開発に至った背景)を落とし込んだ構成要素に。

 

イラストは、ぱっと見て○○関連の製品だと認識してもらえるように、

また機種やメーカーなど限定しないように彩色なしのアイコン的に。

 

白紙の段階からこういった構成要素をしっかり丁寧に作り込んで行くと

自ずとデザインもまとまる・・ような気がします。

なにをだれにどう伝えたいのか、やっぱり、デザイン=情報の整理、

また「全体は細部から出来ている!」と思うのです。

 

 

siglo

 

CP+2019の出展にあわせての発売だったので、リーフレット制作も。

当初、A4ペラのチラシの予定でしたが、

 

◇ 折ることで「ページ」ができ情報がまとまり見やすい
◇ チラシよりも高級感(きちんと感?)がでる

◇ 簡易カタログとしてCP以降の営業ツールとして利用できる
◇ 製品パッケとのサイズ感のバランスがよい
◇ 販促ツールとして郵送にも対応しやすいサイズ

 

などのメリットがあるかな、とA4三つ折りリーフレットに。

 

そんなこんな熱い想いを込めたデザインの効果がいかほどかはさておき、

CP+2019では、たくさんの来場者に関心を持っていただいたようです。

お取引打診も数多くあったようで、現在は大手カメラ取扱店さんなどの

店頭にも並んでおります!

 

PRONEWの記事はコチラ

Siglo Pro

フィルム劣化対策剤/カメラ・レンズ保管剤

 

 

- -

CL : (株)足柄製作所

 

 


最近のお仕事 02

 

もはや“最近のお仕事”とは言い難いけれど、作業実績のキロク02。

 

 

siglo

 

(株)足柄製作所さんが研究開発、商品化した〈Siglo pro〉のロゴ制作

および「調湿剤」と「酢酸ガス吸収剤」のパッケージデザイン制作を

担当させていただきました。

 

 

siglo

 

製品ロゴと2製品のパッケージデザインが同時提案だったので、

ロゴ先行(ロゴありきのパッケ)よりもイメージがつくりやすかった記憶が・・

初回提案のデータみたら、2018年の4月・・記憶も曖昧になるわけです。苦笑

 

 

siglo

 

BtoB向けのパッケージだったので、顔(表面)は必要最低限の情報に

絞り、余計な装飾を省き、とことん削ぎ落としたデザインにしました。

調湿は水=しずく、酢酸ガスは化学記号のイメージでシンプルに。

海外のスーパーマーケットのPB商品(プライベートブランド)のイメージ・・・

本来PBはコストカット目的のデザイン展開だと思いますが、あえて。

“業務用”の印象を強くだしたかったので。

 

一見、1色印刷のように見えますが、実際は4C+それぞれの青・赤は特色、

+ホワイトの6版、更にマット加工を施したとっても贅沢仕様。笑

デザイン的に印刷のコストダウンを優先したら、本当にチープな印象になりかねず。

BtoB向けであるし、また商品単価的に高級感は不要ですが、手にしたときの印象、

会社および製品に対しての信頼感は、デザインも然ることながら、

こういった細かな配慮、こだわりが重要なのではないか、と常日頃思っております。

 

こういった制作サイドの思いを汲んで実現してくれるクライアントさんに感謝多謝。

 

そんなこんな、こだわりの甲斐あってか?!

順調に全国の行政官公庁関連や国立私立大学図書館、博物館、

美術館などに導入されているそうです!

 

 

siglo

 

余談ですが、普段わたしがラフを描いていると、よく同じテーブルで

お絵描きをはじめる娘。邪魔することもないので、放っておくのですが・・・

一息ついてふとみると!わたしのラフを真似して描いていました。びっくり。

こーゆー日常のワンシーンからの影響って、多かれ少なかれあるんだろうなぁ。

今年の誕生日プレゼントはカメラが欲しいそうです。(父の影響?!)

 

 

- -

CL : (株)足柄製作所

Siglo 製品サイトはコチラ

 

 


最近のお仕事 01

 

もはや“最近のお仕事”とは言い難いけれど、作業実績のキロク01。

 

 

hana

 

一軒家カフェ&サロン hana のショップカード。

この写真バージョンにしたのが、いつだったか思い出せない(2年前?)くらい前なのですが

今回はWEBのカバー画像制作と併せて、グラフィックバージョンでリニューアル。

 

 

hana

 

写真からグラフィックに替えただけで、ずいぶんと雰囲気が変わります。

どんなに雰囲気が変わっても、安定したhanaのイメージはキープ。

オーナー夫婦のスタイルが確立されてるから、こそ。

人や考え、世の中に変わらないものはなく、常に変化し続けているものだと

思うけど「らしさ」「アイデンティティ」がぶれないってステキなこと。

 

おまけにQRコード追加しただけでも、ずいぶんと雰囲気変わってしまうー。

 

 

hana

 

今夏はかき氷食べに行こう♪なんて思っていたのに

季節が巡るのは早いもので・・・涙

近々あったかいぜんざい食べに行こうと思います。

(いくいく詐欺になりませんように☆)

 

 

- -

CL : 一軒家カフェ&サロン hana

 

 


夏休みのキロク

長い長いなが〜い夏休みがやっと終わりました!

全国のお母さん、おつかれさまでした☆

 

 

小1夏休み

 

終業式中に前歯、その後も立て続けに下の歯が2本抜けて、

なんとも間抜け顔の歯抜けの娘、小学一年生はじめての夏休み。

 

宿題もはりきって自ら取り組んでいたし、以前のようにおもちゃを散らかし

放題ってこともなく、目を離した隙に要らん事を!って叱ることもなくなり、

だーいぶ楽にはなりましたが、やっぱり成長したらしたなりの苦労はあるもので。

なにげに朝昼晩3食のごはん作りが一番大変だったかも?!

 

算数(1から10までの足し算、引き算)が理解しきれていなかったようなので、

一緒に算数パズルを作ってみたり、トランプで遊びながら、とか

とにかく“一緒に楽しみながら”を意識して取り組んでみたりもしました。

教えるのは苦手なので、ちょいちょいイライラしたりしなかったり。笑

 

 

小1夏休み

 

平日は暑いし、引っ越してから休みに一緒に遊ぶ友達(ママ友)もいなくて(不憫)

ほとんど家で、なにか創ったり描いたり。あとは撮りためていたドラマを一気見。

美術館やワークショップなども、以前よりぐんと一緒に楽しめるようになった☆

 

なが〜い夏休み、イライラしないために必要最低限の家事と仕事以外はフリーに。

あれやこれやしよう!と思っていると、あれもこれもできなかったー。となるので、

用事も一日ひとつ、できたらいいなぐらいにと決めてゆるく過ごしました。

要は娘とぐーたら過ごすだけなんだけど、これがなかなかの苦行でした。育児修行。笑

 

 

小1夏休み

 

お父さんのお休みには、実家(葉山)へ行ったり、映画や、もちろんキャンプも☆

 

天気の子は最初観たい!と言われた時、まだ難しいんじゃない?と軽く流してしまったら

ある日「どうしても観たいけど、うちは家族みんなが楽しめる映画しかみちゃいけない

ルールでしょ。だから行けないよね」と涙をポロポロ流しながら言われてドキっとしました。

そんなルールつくったつもりなかったけど、思い返せば年少の頃、プリキュアを観たいって

なったときに、どうせ行くならみんなで楽しめる映画にしようよ!って言い聞かせたような。

何気ない一言が(しかも4歳児に向けた言葉が)こんな風に変換されて、何年も(2年だけど)

残るんだなぁ、もっとこどもに発する言動は慎重にならねば!と思わされた一コマでした。

 

 

小1夏休み

 

ルールと言えば、スマホ(ゲーム)は、お父さんのiPhoneで週末のみ!なので、

持て余した時間はほぼ絵を描いていました。ちび画伯、絵の面でも大成長してます。

DVDを観る→絵を描くにハマり、かなり集中してくれて母は大助かり。ジブリ様様☆

 

おつかいにひとりで行けるようになったし(家から50mほどのコンビニだけど)

お留守番もひとりで出来るようになったし(30〜40分程度だけど)日々成長。

親なし、お友達同士でふらっと遊びに行ってしまう日もそう遠くないだろうから、

べったり一緒に過ごせる“今”も貴重な時間。日々、大切に過ごしていきたいな。

と書きながら、ながーい夏休みが終わってホッと一息、せいせいしている今です。笑

 

 

- -

 

 

 


<< | 2/43PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others