色。

 

DESIGNING色

 

色。

 

色とはコミュニケーション。

情熱の赤、冷静の青、癒しの緑、

喜びの黄、高貴の紫・・・。

それぞれの色は意味を持ち、

イメージを持ち、感情を伝えます。

その色の意味を理解し、

正しく使うことができれば、

デザインの表現力は、

今よりずっと広がるはず。

色を知り、ワザを知り、

色が伝えるメッセージを知り、

色の生まれ方、守り方を知り、

操り方を身につけて、

デザインに彩りを与えましょう。

 〈+DESIGNING VOLUME02 2006.AUTUMNより〉

 

 

色。

年末からいろいろ制作しているなか「んーっ、なんか違う!」となり

古い雑誌(2006年!)を見返していたら、はっとする言葉たち。

 

「自分でも翌朝見るともう、違いがわからないくらいのレベル

なんです。テンションを下げちゃうと、自分でもわからないくらいの

微妙な差。じゃあ、そんな必要あるのかといわれるけれど、

やはりそこを研ぎ澄ましていると、人に到達するスピード感とか

突破力が変わると思うんですよ。だから、その積み重ねです。」

「広告の仕事では、色の違いで60点が100点になる経験を

いっぱいしているし。」〈巻頭対談より、佐藤可士和さん〉

 

 

がんばろっ。

 

- -

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others